SFAでできることは?ツール紹介

SFAは営業の業務効率化に役立ちますが使いこなすにはどのような機能があるのかを知っておくことが大切です。
基本的な機能は各営業が担当する業務や案件の管理・共有化を行うことですので、まずはそれを理解しておきましょう。
案件管理機能は個別の案件の情報を入力することで全体に共有化できるのはもちろん、二重営業や営業漏れといったミスを防ぐことが可能です。
また、共有化されているため、不在時のフォローや担当変更による引継ぎもスムーズになることでしょう。
SFAは案件管理だけでなく進捗管理も行うことができます。
進捗状況やどのような営業を行っているかを記録しておくことで、その成果を全員が確認でき、全体の効率アップにも繋がります。
進捗状況だけでなくどのようなスケジュールで行動するか、プロセスの管理などを行うこともできるので、連絡ミスやダブルブッキングといった基本的なミスを減らすことにも役立ちます。
とはいえ全てをSFAで管理するのは難しい側面もあるため、無理に使用しないようにだけ注意しましょう。

5ala サプリ